妊娠の見方?!グレープフルーツ

PR|ベビーカーの選び方
妊娠中期に貧血の診断を受け、鉄剤を処方されました。様々な副作用が出る場合があるので、気になれば言ってください、とのことでしたが、私の場合は便秘でした。 通常の便秘ならまだしも、副作用によるものだとわかるとより一層気が滅入りました。お腹も大きくなっており、長い間トイレに座るのは体勢的にもキツイですし、赤ちゃんにとって悪影響がないかと心配になることも。 とはいえ、貧血は赤ちゃんにとっても母体にとっても良くないので、薬を飲まないわけにもいかないし…。当時体重管理は順調でしたが、食生活をガラリと変えることもしたくなかったので、どう対策をとっていいのか自分でも悩んでいました。 その頃なんとなく、グレープフルーツにはまりました。妊娠前は房から出して身だけ食べていたのですが、がっつり食べたいという欲求からか、薄皮の苦味をおいしく感じたのか、房ごと食べていました。朝食に1個食べる日が何日か続いた頃、便秘が少しずつ解消されてきたことに気がつきました。そういえば、最近食べているわりに体重も安定しているし、デトックス効果があるかも?と食べ続けることにしました。みかんなど、柑橘類の薄皮に繊維質が豊富なのは有名な話ですよね。 結果、効果はてきめんで、薬を飲み続けていたにも関わらず、便秘は解消。もちろん貧血も改善しました!体重も8㎏増加で済み、体重管理としては成功だったのでは?と思います。 栄養士さんに後から聞いたのですが、グレープフルーツは糖質も低く、繊維質もあり、整腸作用もある万能食材とのこと。妊婦さんが酸味のあるグレープフルーツを好んで食べるのは、こういった理由も知らず知らずのうちに体が欲しているのかな?と思ったほどでした。

PR|お家の見直ししま専科|サプリメント|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|心の童話|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|工務店向け集客ノウハウ|住宅リフォーム総合情報|JALカード|英語上達の秘訣|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|