子供が2人いる主婦ですが、出産してから自分の時間が思うように取れず便秘がちな体質になっていました。便秘になると肌荒れを起こすので便秘を解消しなければと思っていました。運動をした方が良いと聞きますが、なかなか続かずにいました。運動しなければいけないというストレスを抱えるのも嫌だったので運動すること難しく食べ物で便秘を解消しようと考えました。
実家の母親は野菜料理を中心とした食事を作ってくれていました。結婚してから自分で作るようになってから母親の料理と比べると野菜も不足していたようで、それも便秘気味になっていた理由かもしれません。そのことに気づいてから、食生活を見直すきっかけになりました。そこで、食物繊維の多い食べ物を積極的に摂るようにしました。ひじきやこんにゃく、根菜類などです。できるだけ和食の食事作りをしました。あとは水分を多く摂るように気を付けました。ミネラルウォーターをコップ一杯、夜寝る前と朝起きた時に飲むだけで排便が整うようになりました。それでも、旅行など外食が続く時は便秘がちになります。便秘になるとお腹が張ってすごく苦しいし、気分も悪くなります。旅行の時は生活リズムが乱れるので困ります。それでも、朝食を摂った後はとりあえずトイレに行って便座に座ってみます。おへその周りをぐるぐると押したり、腸をもむと排便がスムーズになってすっきりとします。
それから、便秘にはヨーグルトなどの乳酸菌が良いと言われていますので毎日摂るようにしています。以前は朝に食べていましたが、テレビで夜に摂った方が効果的だというのを知りました。なので、夜ごはんの後に食べるようにしました。すると、翌朝には必ず排便があるようになりました。